歯周病菌

【オーラルデント】 歯周病菌

歯周病菌 全身疾患

歯周病菌って、そのまま、放置していると、歯と歯茎の間や、虫歯から、血管に入り込んで、全身に回って、その行った先で疾患を引き起こすんだそうです。

さらに歯周病菌は、その種類が、半端ではなかったんですね。
先日テレビで放送していました。

なんと口の中には、約100億個もの菌が生息していて、その種類は、700種類もあるんだそうです。その種類の中には、善玉菌と悪玉菌(歯周病菌など)がいて、せめぎあっているんだそうです。

ただ、歯磨きが十分ではなかったり、磨き残しがあったりすると、通常は善玉菌が優勢であるはずの場所に、歯周病菌などの悪玉菌が取りついてきて、増殖してしまうんだそうです。
そうなると、歯周病菌などの悪玉菌は、バイオフィルムと呼ばれるヌメヌメした被膜を作りながら、どんどん繁殖してくるんだそうです。

これらの歯周病菌などの菌が、血管の中に入り込んでしまうと、全身に巡り巡って、行った先で、疾患を引き起こす元になってしまうんだそうです。

歯周病菌の災いが、大病に直結してしまうところが、非常に怖いんですね。
大動脈に侵入すると、動脈硬化から、脳卒中や心筋梗塞に。
内臓などの臓器に侵入すると、それらの内臓が、炎症を起こしてしまう。
関節に侵入すると、リウマチに。
細胞の遺伝子に侵入して、キズを付けると、ガンになってしまうんだそうです。

本当に、全身に疾患ができてしまうことになりかねないんですね。

歯周病菌 退治

歯周病菌を退治するには、どうしたらいいんでしょうか。

最大のポイントは、毎日の歯磨きにあるんだそうです。

やっぱり・・・

先日のテレビでは、70歳を過ぎても、歯が31本残っていて、毎日元気で過ごしている高齢者の歯磨きを、放送していました。
それが、すごいんですね。
毎食後、5本の形の違う歯ブラシを使って、念入りに、約20分間、歯を磨くんだそうです。
さらには、起床後と食後に、自分の指を、歯茎にあてて、マッサージも欠かさないんだそうです。さらに、さらに、2~3ヶ月に1度は、大学病院や近くの歯科医に行って、ケアしてもらうんだそうです。

おお、それ・・・できないかも・・・!

そして、ダメ押しが、「ご自分でのセルフケアだけでは、歯周病菌を退治することは、不可能」なので、2~3ヶ月に1度は、専門医にケアをしてもらうことが大事なんだそうです。

こちらは、心がけ次第で、できそうな気がしますが、
ただ、70歳過ぎても31本の歯を残している方までのやり方はできないかもって、思ったので、もう少し楽ができて、続けやすい方法は、ないかって、調べてみました。

そしたら、善玉菌のエサになる乳酸菌やビフィズス菌を、かみ砕くことで、口の中を善玉菌優位にするタブレットがあったんです。

こちら⇒【オーラルデント】

基本的には、口臭予防っていうことで、開発されたらしいですが、善玉菌のエサにもなるっていうことで、ついでに歯周病菌の退治にも、期待できるらしいですね

 

通販便利
 

© 2016 歯周病菌 rss