快眠

快眠

快眠できるって、本当に、幸せなことだと思います

快眠 > 快眠

快眠法

快眠法って、むずかしいっていうイメージが、あります
ところが、快眠って、そんなに難しいことでもないんだそうです

それは、寝返りをできる体で、眠りましょうっていうことでした
眠っている時の人は、一晩に約20回ほども、寝返りをうつんだそうです
この寝返りって、睡眠にとってはとても重要な役割を果たしているんだそうです
ただごろごろしてるだけではないっていうことなんですね

寝返りをすることで、同じ姿勢を取り続けることで起こしてしまうような、血液や体液の滞りが、流れるように促したりしてくれるんだそうです。もちろん床ずれの防止の意味とかもあるんだそうです
さらには布団の中にこもってしまった熱とかを、うまくすき間を作ることで外に、外に逃がす働きとかもあるんだとか
このように快眠にとって、とても大事な役割を担っているのが、寝返りなんだそうです

この寝返りをうまく打つことができないと、快眠ができなくて、朝起きた時に、首や肩が痛いとか、布団の中の温度の調節ができない時には、大量の寝汗をかいてしまうといったことが、起きてしまうんだそうです

この寝返りが、うまくできなくて快眠できないということの原因の一つには、それをするための筋肉が、弱ってしまっているいうことが考えられるんだそうです
スムーズに寝返りをするには、通常、足を使って、お尻を一度持ち上げて、クルッと姿勢を変えるのがコツなんだそうです
その為の筋肉とは、ズバリ「お尻の筋肉」なんだそうです
「大殿筋」っていう、大きな筋肉なんだそうです
ということは、この大殿筋をきたえておけば、寝返りがスムーズにできて快眠できるっていうことになるんだそうですね

では、その筋肉を鍛える方法と
・仰向けに寝て、膝を90度に曲げる。その時、ひざをぴったり付けておく。
・お尻を持ち上げる。肩からひざまでが、一直線になるように、ゆっくりと。
・持ち上げたら、ゆっくりと、おろす。
この運動を5回ぐらいすればいいんだそうです
だいたい寝る時間の、1時間ぐらい前にするのが、いいらしいです
この時間帯に、運動をすることで、いったん体温をあげておいて、徐々に体温が下がってくる段階で、眠りにつきやすくなるっていうことなんだそうです
これで、眠れるなら、そんなに面倒そうな運動でもないし、いいかもしれません

快眠グッズ

快眠グッズとかも、気になります
もし、寝返りがスムーズにできないような時には、敷布団を変えてみるのも、快眠にいいんだそうです

大殿筋の筋肉が弱っている高齢者さんとか女性の方は、固めの敷布団にすると、寝返りがしやすくなって、快眠しやすくなるんだそうです
それは、とうしてかというと、敷布団が柔らかいと足の踏ん張りが効かなくなってしまうからなんだそうです
ということは、快適に眠れる範囲で、固めの敷き布団がいいっていうことになりますね
おすすめは・・・寝返りがしやいマットレスっていうことになりますね

こちら⇒エアウィーヴ

快眠 トップへ戻る